--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-17

青春18きっぷの旅~香川県②

4/1
二日目

朝ご飯をホテルで食べて
8:00にレンタカーで出発!!

徳島県の大歩危、祖谷方面へ向かう。

鉄道、バスも考えたが
あまりにも時間設計が立てにくいので

レンタカーにしました。

一番の目的は
奥祖谷観光周遊モノレール
なんです。

全長4600m
高低差590m
最大傾斜度40度
最長標高1380m

乗車時間65分
大人\1500
小人\700

どうしてもこれに乗りたかったんです。

営業期間が
4月から11月ということで
ちょうど営業開始と思い
行きましたが
まさかの緊急点検にて営業開始が4/10まで延期とのこと

しかし気を取り直して
かずら橋方面へ向かう。

かずら橋は
角材に縄を編み込んで作った吊り橋で
隙間が結構あって子供には危ないので
私一人で渡りました。



それから大歩危方面へ

その途中
なんと同じようなモノレールを見つけて
少しはスッキリ♪
乗車時間5分やけど






そして大歩危(おおぼけ)へ
ちょうどこいのぼりがあり
きれいでした。

でもここは舟に乗る以外は特にないので
すぐに出発!!



そしてまだ2時ぐらいやし
まんのう公園に行きました。

この国立公園は
レンタサイクル(有料)があり
公園あちこちを周遊できるのですが
子どもを乗せる二人乗りがあるのがいいとこです。

途中芝生の広場では
大きい柔らかいボールを無料で貸していたり
トランポリンがあったりなかなか楽しい公園でした♪








そして晩ごはんは
琴平駅近くのまあちゃんラーメンを食べて
レンタカー返却してホテルへ。




二日目終了~
スポンサーサイト
2012-04-06

青春18きっぷの旅~香川県①

青春18きっぷで
家族旅行に行きました♪

3/31
始発の近鉄吉野行き電車に乗り
吉野口からJR和歌山線の
JR 難波駅行き(座席は座りやすい横列タイプ)に乗り換える。

乗り換え無しでこのまま一気に大阪市内に入れます。

新今宮駅で大阪駅行きに乗り換え
大阪駅から
播州赤穂行きの新快速(横列タイプ)に乗りました。
これで一気に姫路を飛び越え
相生駅まで行きます。

そして相生駅から
岡山駅行きの各駅停車に乗り換え
岡山駅から
いよいよ
瀬戸大橋を渡る快速列車マリンライナーに
乗って坂出駅まで乗車。
瀬戸大橋を電車で渡るなんて
粋だねえ。



坂出からこのあたりが
四国あちこちに散らばる要所のためややこしいのですが
予讃線で多度津駅まで行き
土讃線に乗り琴平駅で下車。

一日目
目的のこんぴらさん最寄り駅に到着しました!!

朝5:50に乗り
昼の13:20に到着しました。
道中余裕もって
スケジュールたてたので
実際の乗車時間は五時間くらいかな。

そして4才の娘と奥さん連れて
お昼食べてからこんぴら詣でへ♪

予想を越える階段の数ですが
娘は頑張りました!!

本堂で終わってもよかったけど
めったにこれないのに奥のてっぺんまでいかなあかん気がして
さらに上へ♪

これがかなりキツイ。
最後のあたりが
もう終わるかなあと思わせながら
まだあるかーみたいな。

でも一度もだっこ無しで登った子供を見て
少し感動しました!!

ただ富士山と同じで帰りもあるんですよねえ。
でもジュース飲めるぞ
美味しいもの食べれるぞ
の人参バラマキ作戦でどうにか下山♪







そして琴平駅近くの田中屋という居酒屋で
夕食食べて
そこから20分歩いて
琴平にある
ニコニコレンタカーを借りに行き
それに乗って琴平パークホテルに到着!!


一日目終了!
2012-01-28

青春18きっぷ

青春18きっぷって
ご存知ですか。

簡単に言えば
だいたい春休み、夏休み、冬休みシーズンに
時期限定で使用可能な

JR普通列車乗り放題切符なんです。特急はダメなんです。
5回分で11500円なんで
1日2300円でどこまでもいけるんです。

すごいのが乗り降り自由なんで
途中下車もできます。

この冬休みシーズンでは
5枚あるので
家族で往復4枚
余った1枚を日帰り旅行しました。

その余った1枚の日帰りで1月仕事休み最後の日に
紀伊半島ぐるり旅みたいな感じで
吉野口→和歌山→新宮→松阪 ここからは近鉄で飛鳥駅まで
というルートで朝早くから夜までほぼ電車乗りっぱなしという
一人旅をしました。

ファルコンの一時期恒例の
熊野市合宿グランドも見えて
懐かしかったなあ。

この写真は
御坊から田辺の間あたりやったかな。。

電車乗るだけなのが
なんかすごい楽しいんですよね。

事前にJRの時刻表を
ペラペラ開いて目的地を設定して考えるのが
楽しいんです。

ただし
その程度で本当の鉄道ファンと比べたら
まだまだ入口程度ですが。。

電車内で時刻表を開くのは
まだ恥ずかしくてできませんので。

羞恥心を捨て去ったとき
きっと本物のてっちゃんになれるのだろうねえ。

日本の車窓から<和歌山>
プロフィール

22th

Author:22th
徒然なるままに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。